バーバラの部屋

ジャンル問わず好き勝手呟きます。

社会人歴が浅い人を面接官にアサインするってどうなの?

どうもバーバラですー。

 

最近、社会人歴1~3年目の人材が面接官を担当することに違和感を覚えています。。。

 

確かに歴が1~3年目の方々の中にも、チームを抱えていて一緒に働くメンバーを探している人や既に役職についている人など、面接をしなければならない立場の方々もいるでしょう。

ただ一部スーパーエリートを除き、多くは上記にあてはまらないかと。

 

--------------------------------------------

 

僕は、普通の社会人歴が浅い人材を面接官にアサインすることで以下のような弊害が生まれると思うんですよね。

 

1.優秀な人材を取れない

僕は、「面接官にアサインされる人材=会社のエリート層」だと考えていて、もしその面接官が優秀ではなかったらその会社も高が知れてると感じちゃいます。

 

新卒でも最近のエンジニア志望で面接を受ける方は、学生のころからインターンをしたり自分でサービスを作ったりなどして非常に技術に長けてます。

 

下手したら新卒1~2年目の人よりも技術があるなんてことも。。。

 

また、社会人歴が浅い人の多くは「自分が担当する業務」に関する知見しか持ち合わせていません。

 

もちろん、実際の現場でどういう業務を行っているかの情報を提供することには長けていますが、課や部署を超えて会社全体や市場のことを加味しながら、応募者と話ができるかと言えば、それは厳しいかと思います。

 

 

当然、自分が所属する会社や市場で活躍する人材の判断もつかないでしょう。

 

このように、応募者から見ても面接官に魅力を感じない、面接官自身もどういう人材が活躍するか分かっていないような中で、良い採用活動ができるとはとても思いません。

 

2.無駄な採用コストが生まれる

おそらく社会人歴が浅い人材は、1次・2次面接の面接官をすることが多いと思うのですが、基本的に応募者を通す印象があります。通して課長・部長レイヤーの人材に判断を委ねるみたいな。

 

いやそれって、面接を受けに来た人にとっても、面接官にとっても時間の無駄じゃんってすごい感じます。

 

仮に応募者が多くて、優秀な面接官が面接の量をさばけないのなら、1次は集団面接にしたり、書類選考の時点である程度基準を決めて、応募者を厳選したりすべきです。

 

 

--------------------------------------------

面接官の補佐として現場感を伝える役割に回る

 

散々ディスってきましたが、社会人歴が少ない人でも採用の場においてバリューを発揮できる役割があります。

 

それは、現場感を伝える役割です。

 

現場感とは「実際にどんな雰囲気でどういう業務を行っているか」で、実際にバリバリ働いている若手の方が細かいことに気付いていたり、詳しかったりするので、この部分の情報を応募者に伝えることに徹するべきだと思います。

 

ただ、基本的に面接は社会人歴の長い優秀層に任せて、「もっと現場感を知りたい!」と感じている応募者に対して、話す機会を設けるなど面接官の補佐的な役割に回るべきだと考えます。

 

僕も新卒のとき、「実際にどういう仕事してるんだろう?」と感じたときには面接官に「若手に合わせてもらえませんか?」お願いしていました。

 

そして、若手の方がズバリ社内の業務内容や雰囲気を伝えてくれるので、非常に参考になったことを記憶してます。

 

--------------------------------------------

僕はここで「社会人歴が少ない人は絶対に採用の場に入ってくるな」と言っているわけではなくて、「まだ応募者と面接するには経験が足りないから、他の役割に回ったほうが会社にとっても応募者にとっても良いと」ということが言いたいんです。

 

最近採用の現場をのぞいてみて、すげー感じたこと書いてみましたー。

以上です!!!