読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バーバラの備忘録

気ままに更新。

【タクシー初乗り410円制度】中長期的にタクシー市場の拡大につながるって本当?

2017年1月30日より東京のタクシー初乗り運賃が410円に変更となりました。

headlines.yahoo.co.jp

変更後の運賃はこんな感じらしいです。

--------------------------------------------

【変更後運賃】

1.059kmまで410円(変更前:2kmまで730円)

その後は237メートル毎に80円加算(変更前:2km超えると280メートルごとに90円加算)

-------------------------------------------- 

すごくざっくり説明すると

 

~1.7km:前より安い

1.7km~6,5km(くらい):高くなったり安くなったり(タクシーは乗車時間によっても運賃かかるしね)

6.5km~前より高くなる(そんなに変わらないですけど)

 

って感じっすね。

 

この運賃の変更から、「1.7km以内の移動でタクシーを利用するお客さん」は増える

と思うんですが、「6.5km以上の移動でタクシーを利用するお客さん」は減らない、減るとしてもめちゃくちゃ少ないんですよきっと。

 

今まで6.5km以上の移動にタクシーを利用できた人って、

①所得に余裕がある

②お金以外に優先するものがある(移動時間の時間短縮とか)

③その他乗らなければならない理由がある(終電逃したとか)

 

こういう人なのかなーって思ってて、これらのお客さんが今回の割高になる料金分程度でいきなりタクシーを使わなくなるってちょっと考えにくいんですよね。

 

そう考えると「1.7km以内の移動距離で利用するお客さん」が純増することになりそう。

 

f:id:taikiwaya:20170205010134p:plain

ショートユーザーが増えるのはタクシー会社にとってまずくない?

ここからは1.7km以内の移動距離で利用するお客さんを「ショートユーザー」、6.5km以上の移動距離で利用するお客さんを「ロングユーザー」と表現しますね。(本来は1万以上使うお客さんをロングと言うらしいです。)

 

僕もこの運賃の変更があって2回ほど「ショートユーザー」としてタクシーにお世話になったんですが、かなり便利ですよね。そりゃ使っちゃいます。

 

僕のように今までタクシーを頻繁に利用しない人が「ショートユーザー」として頻繁にタクシーを利用し始めることで、当然タクシー会社が保有するタクシーの稼働率は高くなります。だけど「ショートユーザー」が支払う運賃が安いことを考えたら、タクシー1台当たりの売上は減少しますよね。

 

(ちなみに「ロングユーザー」の運賃が高くなるから、タクシードライバーの売上も上がるんじゃない?ということも考えられそうですが、仮に20kmタクシーで移動したとしてもほんの数百円しか以前と変わらないんすよね。

 20km移動してその程度なら、「ロングユーザー」の運賃がちょっと高くなることで1台あたりの売上が増えましたって多分ないんですよね。)

 

次にタクシー会社の売上の構造が「タクシードライバーの総売上×40%」で、コストも人件費が7割強占めるという、「スーパ労働集約産業」であることを考慮すると、

少々タクシー1台当たりの売上が下がろうと、タクシーの稼働率が高くなり、配車台数が増えればタクシー会社は儲かることになります。

 

以上を考えるとタクシードライバーはぜぇぜぇ言いながら仕事をする反面、タクシー会社全体の売上は上がったねという悲しいことになりかねないっす。 

 

またこの事象に拍車をかけるのが、「2020年のオリンピック」です。

オリンピックに向けて日本に訪れる外国人のために東京のタクシーの配車台数も増やすそうなので、よりタクシー1台当たりの売上が下がりそうな。。。

f:id:taikiwaya:20170205135512p:plain

中長期的に見て「初乗り410円制度」導入はタクシー業界にとって大きな痛手となる

今タクシードライバーの人材不足が問題らしいっす。

 

そんな中この「初乗り410円制度」によって、タクシー1台当たりの売上が下がる、つまりタクシードライバーの収入が減るのは、ドライバー数の減少に拍車をかけますよね。

(ちなみにドライバーの収入=売上×60%) 

 

加えて1日あたりの乗客数が増える(売上は減少)ことを考えると、精神的な負担も増えるんじゃないでしょうか?ちょっと同情しちゃう。。。

 

「初乗り410円制度」が始まったことでタクシードライバーが受けるデメリットを長々と説明するのが本記事の目的ではないのでこれくらいにして、僕が最も言いたいのは「初乗り410円制度」を導入することで、中長期的にタクシー会社の売上が増えると思ったら間違いだよね、ということです。

 

タクシー会社はドライバーがいてこそ売上を増やせるのだから、ドライバーの負担となる今回の制度は相当イケてないです。

 

次世代配車サービス「uber」、「Lyft」が浸透していない中でタクシー業界がやるべきことは他にある 

f:id:taikiwaya:20170205034222p:plain

 たまに「uber」使うんですが、ぶっちゃけちょっと車内がきれいとか、おもてなしが丁寧とかくらいしかメリットを感じたことがなくて(場所によっては通常のタクシーよりも早く来てくれるらしいが。)、ただのちょっと高級な配車サービスなんすよね。

 

自家用車による乗客運送が法律で禁止されているから、日本では本来のuberの強みが見られないです。まじでタクシー会社のハイヤー配車サービスとそんなに変わらない。。。

 

そんな国による規制もあり、次世代配車サービスの脅威から守られているタクシー業界において、今タクシードライバーの首を絞めるような「初乗り410円制度」なんて導入している場合じゃないのかなーと。

 

それこそ日本交通みたいな超大手がuberのお株を奪うような「白タク」サービスの提供とか考えていかないと、今のタクシー配車サービスだけでは市場を拡大することは厳しいのかなって思ってる。

 

今後日本のタクシー業界がユーザーにどんな価値をどんな形で提供していくべきか、いつになるか分からないけど記事にできたらいいなと思います。